同人誌についての基礎知識

同人誌って何?パロディーのこと?

同人誌とは自費出版で作られた本のことで、同人雑誌を略して同人誌と呼びます。
同人誌は漫画や小説、俳句や短歌などを自分で作ってオリジナルとして載せたり、流行っている、もしくは、好きな漫画や小説、ゲームなどのパロディーを二次創作として載せることも多いようです。
同人誌でも近年主流となっているものは、個人誌といいます。
個人誌は、一人、または、他者が参加していても、その他者が全体に占める割合が少ない同人誌のことを指し、逆に複数の作者で特定のジャンルについて載せている同人誌を合同誌と呼んでいます。
合同誌は、特にサークル活動をしていると合同誌を作ることが多いのではないでしょうか。
同人誌の特徴は、出版社に頼むのではなく、個人誌にするのか、合同誌にするのかから始まり、どのテーマでどのように作っていくかを考え、創作、編集作業、印刷、製本、さらには、流通にいたるまで自分で行わなくてはいけないことです。
そのため、出版までには大変な努力が必要だと言われています。
また、同人誌では、パロディーを扱うことも多く、原作の著作権を侵害してしまい、著作権紛争となることもあるようです。
同人誌は、即売会などのイベントを行って販売されることも珍しくありません。
近年では、このイベントも大型化し、同人誌を印刷する印刷所が増えたり、コピーやプリンターなどの低価格化により、色々な形態の同人誌が出回るようになってきました。
これにより、成人向けの同人誌も多く扱われるようになり、青少年を取り巻く問題も増えてきていると言われています。